京都料理組合 トップページ  カテゴリー別  エリア別  50音順

カテゴリー地元の素材で楽しむ季節の味
エリア四条烏丸
昔ながらの正統派の味を守る仕出しの名店

京料理  井傳  いでん

明治40年に仕出し屋として創業以来、室町界隈の人々の暮らしの節目に料理を供してきた。料理は素材が第一と考える主人の井山さんは、あまり手をかけすぎないシンプルな調理をモットーとし、素材そのものの旨みを活かすよう心がけている。春は鯛、夏は鱧、秋冬には鰆、ぐじなど、魚を知り尽くした目利きから仕入れる、その時期に最もおいしい魚介を使って、四季折々の旬の味を楽しませてくれる。「お客さんは、それぞれの季節の“いつもの味”を楽しみに来てくれはるから」と、あえて新しい冒険はせず、四代続く伝統の味を忠実に守っている。

店内の2階にある個室。座敷に椅子席というスタイルなので、正座が苦手な人もくつろいで食事が楽しめる夏の楽しみは鱧料理。暑い時期でもファンが多いはも鍋。写真上は土産や進物用に持ち帰る人も多い、名物はもすし。



Data
Tel.075-221-4420
京都市中京区錦小路通西洞院東入ル
9:00〜19:00(仕出し)
11:30〜19:00(入店)
水曜休
要予約
カード不可
P無
昼5775円〜、夜1万500円〜(税込・サ15%別)