京都料理組合 トップページ  カテゴリー別  エリア別  50音順

カテゴリー脈々と受け継がれる歴史と伝統
エリア三条大橋
もてなしの心を大切にする、茶懐石の伝統を守る

懐石  辻留  つじとめ

初代辻留次郎により、明治35年創業。二代目主人の辻嘉一は、日本料理の研究家としても広く知られている。昭和の初めより裏千家の懐石料理をあずかり、京都店は出張料理のみ。京都店をまかされる平晴彦さんは「家元の指導をいただき、茶家の方々に喜んでいただける料理を、誠意を込めて作ること」と信条を語る。[辻留]の料理は、客席のある東京の赤坂店で、もしくは京都では[宝ケ池プリンスホテル]の日本庭園内にある茶寮で味わえる。また[ジェイアール京都伊勢丹]京の老舗弁当コーナーでも、折詰を販売している(要予約)。

鯛昆布締、白味噌に大根の汁に溶き辛子添え、一文字御飯。折敷は玄玄斉好み。
三条通沿いに小さな看板を掲げたのみの目立たない店構え。奥には清潔な白い暖簾がかかる。



Data
Tel.075-771-1718
京都市東山区三条大橋東三丁目
予約受付9:00〜18:00
無休

カード不可
P無
昼1万1500円〜/夜2万8000円〜(税・サ10%込)
宝ヶ池プリンスホテル店もあります。