京都料理組合 トップページ  カテゴリー別  エリア別  50音順

カテゴリー都の風情を感じつつ至福の味に舌鼓を打つ
エリア下鴨
伝統を守り磨き続ける洗練されたもてなしを

下鴨茶寮  しもがもさりょう

平安時代から代々下鴨神社の料理人を務めた佐治家が、安政3(1856)年に創業した由緒ある料亭。代々守り継ぐ館に、和紙デザイナーの堀木エリ子氏が手がける屏風や現代アート作品などを配し、日本古来の美意識と現代の意匠が調和する空間でもてなす。四季折々の庭園の眺めとともに楽しめるのは、創意に富む京懐石。伝統の京都らしい料理を大切にしながら、洋食の素材や調理法を織り込む一品も。主人・小山薫堂氏の「日本文化を発信する場所に」という想いから企画するイベントの開催、料亭のおもてなしの心から生まれた粉醤油などの土産物も評判。

下鴨神社のそばに建つ風格あるたたずまい。庭を望む個室はそばを流れる高野川のせせらぎも心地よい。写真は、秋の懐石より八寸。銀杏とむかご、丹波栗の蜜煮、菊菜と菊花のお浸しなど、旬の味覚を見た目も秋らしく。



Data
Tel.075-701-5185
京都市左京区下鴨宮河町62
11:00〜15:00(L.O.14:00)
17:00〜21:00(L.O.20:00)
不定休
要予約
カード可
P10台
昼6000円〜、夜1万3000円〜(税別・サ込)
http://www.shimogamosaryo.co.jp/